コラム

関節リウマチとは? 膠原病って?

よく、「リウマチ」と言われますが、正しくは「関節リウマチ(Rheumatoid Arthritis; 略してRA)」といいます。また、「膠原病」というのは一つの病気の名前ではなく、「心臓病」とか「肝臓病」などと同じように、さまざまな病気の集まりの名称なのです。

そして、関節リウマチはこの"膠原病"の代表的な疾患です。関節リウマチのほかにも、全身性エリテマトーデス(SLE)、全身性硬化症(強皮症)、多発性筋炎/皮膚筋炎、シェーグレン症候群、混合性結合組織病(MCTD)、など多くの疾患が"膠原病"に含まれます。

関節リウマチを含む膠原病は、完全にその原因が解明されているわけではありません。しかし、かなりの部分が分かってきていて、「免疫の異常」が原因で起こると言われています。免疫はウイルスやばい菌などから身体を守る、いわば自分にとっては味方なのですが、リウマチを含む膠原病ではどういう訳か、免疫が自分自身の身体を攻撃してしまうようになるのです(このような免疫を専門用語で"自己免疫"と呼びます)。

つまり、リウマチ・膠原病では、この"自分にとって敵になってしまった免疫"を抑える治療が中心になります。