当院について

診療案内

PA129888.jpg

診療科目

一般内科、リウマチ科、膠原病内科、整形外科、リハビリテーション科

診療日

  1. リウマチ科、一般内科、膠原病内科、整形外科、リハビリテーション科
    月曜/火曜/水曜/金曜/土曜

    ※木曜日 休診

休診日

木曜日、土曜日午後、日曜日、祝祭日

診療時間

  1. 平日9:00~18:00
  2. 土曜9:00~13:00

紹介先病院

福島県立医科大学リウマチ膠原病内科、福島赤十字病院、大原綜合病院など

このような悩みがある方はご相談ください。

  1. リウマチと言われた。どんなことに気をつければ良いのか?
  2. 膠原病かもしれないと言われたが、よく分からない。
  3. ほかのリウマチの治療を続けているが、痛みや腫れがよくならない。
  4. 最近、関節が痛い、もしくは腫れる。リウマチが心配・・・。
  5. 内科やリウマチ専門医にかかりたいけれど、大きな病院は待ち時間が長過ぎる。
  6. メタボリックシンドロームが心配・・・

当院の特色

当院の内科・リウマチ内科は、大きな病院にもひけを取らない質の高い医療の提供を目指しています。そして、待ち時間が少なく、患者さんひとり一人の病状に合わせた、クリニックならではのキメ細かい診療を行うことが出来ます。

スタッフ一同、明るい雰囲気を作ることを大切に、患者さんの心身のつらさを少しでも軽減することを目標としています。

一般内科診療

風邪や発熱のほかに、高血圧、糖尿病、高コレステロール血症などの生活習慣病、いわゆるメタボリックシンドロームの原因になる病気の診断・治療・管理もおこなっています。

専門医によるリウマチ・膠原病内科の診療

リウマチ(正式には関節リウマチ)は、全身の関節に腫れと痛みをきたす病気です。適切な治療を行わないと、軟骨や骨がすり減り、関節が動かなくなったり、症状が進めば生活に大きな支障をきたします。

正確な原因は未だ解明されていませんが、免疫の異常が原因の一つだと考えられています。一昔前には、有効な治療法がなく、残念ながら病状が進行してしまう方も多く存在しました。しかし、現在はよく効く薬の開発や、治療技術が劇的に進歩しています。これらの薬は専門性が高く、正しい知識を持つ医師とスタッフが必要とされます。 当院では、最先端の生物製剤すべての投与を行えるシステムを準備しています。

整形外科、リハビリテーション

昭和56年開業当時より続けている一般整形外科、理学療法を中心としたリハビリテーションは現在も行っています。

禁煙治療

喫煙は肺ガンのリスクを高めるだけではなく、動脈硬化を助長し、心筋梗塞や脳梗塞など、実にいろいろな病気を引き起こします。近年、保険診療扱いで禁煙治療が可能となりました。当院では、内服薬で禁煙治療を行っています。
簡単な問診と検査ですぐに処方できますので、ご希望の方はお問い合せください。

ご挨拶

toru.jpg

2009年4月1日より、八子整形外科医院に一般内科・リウマチ内科を開設し「八子リウマチ・内科・整形外科クリニック」として生まれ変わりました。

名称の変更からも明らかなように、開業以来の初代院長によって診察を続けてきた整形外科に加えて、二代目である私が診療する内科部門を新設しました。私の狭義の専門はリウマチ・膠原病内科となりますが、そもそも、この病気は身体のすべてを診ることが求められる、一番"内科"らしい領域だと信じています。

私は、リウマチ学会認定専門医、日本リウマチ学会評議員であり、その本流である"日本内科学会総合内科専門医"の資格を常に忘れることなく、『総合診療科』としての視点を大切に、地域医療に貢献すると決意を新たにいたしております。

院長八子

自己紹介

大学を卒業後、東京女子医大付属膠原病リウマチ痛風センターに勤務し、以後10年に渡りリウマチ・膠原病・痛風の患者さんの診療に携わってきました。 現在もリウマチ専門医として、毎週、東京女子医大付属膠原病リウマチ痛風センターで、研究を続けています。

所在地・お問い合せ先

所在地

〒960-8003
福島県福島市森合字屋敷下36-2

電話:024-558-8585